建設業許可についての解説記事記事一覧

「建設業法及び入契法の一部を改正する法律」が2020年10月に施行されます。主な改正点は、@働き方改革の促進 A生産性の向上 B持続可能な事業環境の確保 の3点となります。建設業においては、長時間労働が常態化していること、現場の急速な高齢化と若者離れが進んでいること、等が問題視されていました。今回の改正で何が変わったのか見ていきましょう。*入契法・・・公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法...

建設業法改正について、前回「働き方改革」について見てきましたが、今回は「生産性の向上」について見ていきましょう。建設関係の労働者は、およそ328万人と言われています。このうち60歳以上は約82万人で25%に達しています。一方30歳未満は約36万人と11%しかいません。近い将来の人手不足の問題は、より深刻になってくると思われます。そこで、数に限りのある人材を有効的に活用するための法改正が行われます。...

これまで建設業法の改正について見てきましたが、今回は「持続可能な事業環境の確保」について見ていきましょう。今回の改正で、建設業許可の取得に関する部分では、一番重要なポイントです。持続可能な事業環境の確保経営業務管理責任者に関する規定を合理化今回の改正の一番重要なポイントです。これまでは、建設業許可を得るためには、実務経験5年以上という要件を満たす人が役員に就任する必要がありました。今後は、事業者全...

トップへ戻る