相続税の計算

それでは実際に相続税の計算をしてみましょう。

 

≪例≫

 

相続財産内訳

・土地建物総額 8,000万円
・預貯金    5,000万円
・現金     2,000万円
・借金      400万円
・葬儀費用    200万円

 

相続人   4人(内訳 妻・成年の子供3人)
分割割合  法定相続分の通り

 

相続税は、@正味の財産を算出しA控除を引いてB残ったものに上記の表を当てはめて計算します。

 

  1. 正味の財産
  2. 8,000万円+5,000万円+2,000万円ー400万円−200万円=1億4,400万円

     

  3. 控除
  4. 【基礎控除】
    1億4,400万円−基礎控除額(3,000万円+4人×600万円=5,400万円)=相続税の課税対象額9,000万円

    【配偶者控除】
    妻の法定相続分は2分の1のため、課税対象額は9,000万円の2分の1で4,500万円となり、配偶者控除の1億6,000万円を下回るため、相続税はかかりません

     

  5. それぞれの相続税額

子供の法定相続分は、2分の1を3人で等分するため、それぞれ9,000万円÷2÷3=1,500万円となります。
上記の表に当てはめて計算します。
1,500万円×15%−50万円=175万円

 

以上の計算により相続税は下記の通りとなります。

 

妻          0円
子供 1人あたり175万円
合計      525万円

 

なお、控除には様々な種類があります。上記以外にも、生命保険や死亡退職金の控除等があります。相続税の算定は専門家に依頼することをお勧めします

 

 

トップへ戻る